上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

ラブレター

【Part1】昨日食堂で女の子に味噌汁ぶっかけられたお詫びにLINEゲットしたwww
【Part2】昨日食堂で女の子に味噌汁ぶっかけられたお詫びにLINEゲットしたwww
の次スレ「味噌汁男を待つスレ」で味噌汁男を待っている間にラブレター怪文書の話をしています。


当サイトオススメ記事



3: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:41:34 ID:5kKCm2VTT
待とうか

そして微妙な板に立てたなwww

4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:41:42 ID:aNK5W3IlR
イッチ戻るまでラーメンスレ

醤油推し

5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:41:47 ID:RV7A323JV
しかし味噌汁男てww

6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:41:50 ID:qCLggCEQv
なにこの団結力w

7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:42:15 ID:5kKCm2VTT
暇ならなんか語ろうぜ

ちなみに俺は塩

39: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:53:32 ID:5kKCm2VTT
>>38
話すことねぇじゃねぇかwwwwww

41: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:55:37 ID:5kKCm2VTT
暇なら俺のこと話そうか?

脅迫状ラブレターの奴だけど

43: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:55:59 ID:HGVoInLaM
>>41頼む

45: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:56:37 ID:5kKCm2VTT
>>43
おk
昔のことだから曖昧だけど
思い出して書いてみる

42: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:55:46 ID:RV7A323JV
アニメ始まったと思ったらいきなりエンディング流れてたような気分だ

46: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:58:37 ID:5kKCm2VTT
始まりは中一のことだった

よくある話だが同じクラスの女子を好きになったんだ

俺が入った中学は、近くの地区の小学校三つから生徒が集まってくる感じで、その子とは小学校は別だった

長い髪が綺麗な子で、一目ぼれに近かったと思う

切っ掛けは席が隣になったことで、「隣の席だね」って笑いかけてくれたのが惚れる原因だったと思う

48: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)00:59:48 ID:hQuTyOg7q
あまずっぺー

51: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:01:15 ID:5kKCm2VTT
その頃の俺は男にしては髪が長く、目が隠れる感じで、その上眼鏡。完全にオタク気質だったが、友人はそれなりにいた。

しかし昼休みは外で遊ぶよりも図書室で本を読んでいるようなことが多く、どちらかと言うと影キャラだった

52: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:02:38 ID:RV7A323JV
>>51
一気にジョーカーだわ

53: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:03:22 ID:5kKCm2VTT
俺が惚れた子はクラスでは結構中心的な立ち位置の子で、
同じクラスのリア充ども(サッカー部とか野球部のエースと言う超人類どもだ)が「○○いいよな」とか話しているのをたまに聞いた

そう言ったのを聞くたび、胸が張り裂けそうになったのを覚えている

何度も告白しようとしたが、振られたことの時を考えるとできなかった

やがて、席替えが行われ、彼女とは離れ離れになってしまった……

55: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:04:47 ID:5kKCm2VTT
その日、俺は泣いた

まくらを涙で濡らしつつ、泣きながら「……あれ、今の俺なんかキモくね?」とか思って更に泣いた

そのまま、彼女との接点がないまま一年が終わり、俺たちは進級することになる

56: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:05:19 ID:BNkQC3nj2
こっから脅迫状と思うとwwwww

59: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:05:54 ID:5kKCm2VTT
四月

クラス替えが発表され、まず自分の名前より先に彼女の名前を探した

それから自分の名前を探し、彼女と同じクラスになったことを確認した

運命だと思った

ここから歯車が狂い始める

61: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:06:42 ID:RV7A323JV
盛り上がって参りましたww

62: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:08:24 ID:5kKCm2VTT
同じクラスになったはいいが、席は離れたまま。俺は後ろの方。彼女は前の方だ

出席番号順で並べられた席順では駄目だったのだ。一度目の席替えが行われるまで、俺はひたすら彼女の後ろ髪を見て過ごした

特に英語の時間は暇だったのでよく見ていた

隣の猪八戒の生まれ変わりみたいな女に「何見てんのwwww」とかよく言われたが気にしなかった

63: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:09:31 ID:RV7A323JV
ジョーカーは三蔵法師だったのか…

64: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:10:20 ID:5kKCm2VTT
やがてやってくる席替え

ここで彼女と隣の席になれたら、と願うも現実は非常である

しかし、恐るべきことに天は俺を見捨てなかった

席こそ隣にならなかったものの、彼女と同じ班になれたのだ。具体的に言うと、俺の斜め後ろが彼女の席だった

俺は舞い上がった。そしてそれと同時に、彼女の後ろ姿を見つめることが出来ないことに歯がゆい思いをした

65: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:12:19 ID:aNK5W3IlR
>>64
悪い、先に結論書いてくんない?
経過はゆっくり楽しませてもらうからさ

66: 味噌汁男◆e7sZ0t688w 2014/10/06(月)01:12:21 ID:dF7jxjhFO
>>64
ほほう
それでそれで?

68: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:13:00 ID:5kKCm2VTT
>>66
おいwwwwwwww

69: 味噌汁男◆e7sZ0t688w 2014/10/06(月)01:13:20 ID:dF7jxjhFO
>>68
いや、邪魔しちゃいけないと思ってだな

73: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:13:54 ID:5kKCm2VTT
折角だから最後まで書く

結論は本スレで言った通り、ラブレターが脅迫状扱いされたって話

>>69
お前は報告しろよwwwwwww

70: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:13:39 ID:RV7A323JV
>>66
www

72: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:13:51 ID:aNK5W3IlR
>>66
それでじゃねーよwww

67: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:12:34 ID:5kKCm2VTT
そして席が近い所為か、時折彼女と話をするようになった

本当に時々……一週間に一回くらい? よく覚えていないが、それくらいの頻度だったと思う

しかしそれでも俺は幸せだった

そんな風に幸福を噛みしめていると、ある日事件が起こる



なんと彼女が長かった髪をばっさり切ってきたのだ

俺は泣いた

75: 味噌汁男◆e7sZ0t688w 2014/10/06(月)01:14:41 ID:dF7jxjhFO
もう、報告していいのかな?

78: 味噌汁男◆e7sZ0t688w 2014/10/06(月)01:15:13 ID:dF7jxjhFO

79: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:15:55 ID:aNK5W3IlR
>>78
うんうんそれでそれで

80: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:16:02 ID:5kKCm2VTT
>>78
本スレで報告しろwwww

つか俺はもう書かなくていいのか? 誰も読んでねーだろうしwwww

83: 味噌汁男◆e7sZ0t688w 2014/10/06(月)01:16:27 ID:dF7jxjhFO
>>80
僕はだいぶ気になってるよぉ

84: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:16:48 ID:5kKCm2VTT
>>83
じゃあ一応最後まで書く

85: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:16:51 ID:aNK5W3IlR
>>80
気になる
書いて

84: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:16:48 ID:5kKCm2VTT
>>82
じゃあ一応最後まで書く

87: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:17:36 ID:5kKCm2VTT
あと少しだから書いちゃうぜ

彼女が髪を切ってきた時、クラスでは「失恋ではないか?」と色々噂になった

俺は驚愕すると同時に、頭の中がパニックになった。彼女が恋をしていたと言うことと、髪を切ってきたと言うこと

その二つに挟まれて頭が破裂しそうだった

92: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:22:42 ID:5kKCm2VTT
しかし考えようによっては好都合。彼女が髪を切ったと言うことは失恋したと言うこと

ここはハイエナ戦法。恋心破れ傷ついた彼女を俺が優しく慰めてやるべきではないだろうか

彼女を手にするためならばプライドなどいらぬ。俺は告白を決意した

……が、待て。よく考えたら、彼女が失恋したと言うのはただの噂だ。真に受けて告白して、彼女が髪を切ったのはただのイメチェンで、あっさり振られたら目も当てられない

そこで俺は、彼女に匿名ラブレターを出して様子をうかがうと言う作戦を思いついた

これが問題の脅迫状ラブレターである


95: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:27:48 ID:5kKCm2VTT


思いついたら吉日。俺はその日、家の中から便箋を引っ張り出し、シャーペンで彼女への思いの丈を綴った

内容は大体以下の感じだ


『いつも君のことを見ていました。長い髪、とっても綺麗だったので残念です。
君が誰かに傷つけられてそうなってしまったのだとしたら、僕はその相手のことを許せません。地の果てまで追い詰めて叩きのめしてやることでしょう。
できることならば、四六時中君の隣で君を護っていたい。けれどそれは叶うことの無い願いなのです。
初めて見たあの日から、ずっと君のことが好きでした。
もしも君が少しでも僕に答えてくれると言うのなら、×月×日の午後六時に校庭の銀杏木の下で』

96: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:28:41 ID:HGVoInLaM
やべえwwwwwwwwww

97: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:29:16 ID:RV7A323JV
くっそWWWWWWWW

98: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:30:32 ID:aNK5W3IlR
>いつも君のことを見ていました。長い髪、とっても綺麗だったので残念です。

ここですでに恐怖がマックスだわ

99: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:31:42 ID:5kKCm2VTT
それを書いた当時の俺は、「もしかするとこれで彼女を振った奴が誰だか解るかもしれないし、俺天才じゃね?」なんて己惚れていた

書いた手紙を彼女の机の中に放り込み(席が近かったので割と簡単だった覚えがある)彼女が気づくのを今か今かと待っていた

手紙を忍ばせたのは一時間目が終わった後の休み時間のことだったのだが、彼女が手紙に気が付いたのはどうやら二時間目始まってすぐのようだった

手紙に気が付いた彼女は、驚いたような顔をしたが騒ぎ立てることもなく、その手紙をしまって普通に授業を受け始めた

その日は

ちなみに×月×日と言うのは、手紙を忍ばせた次の日のことだ

本当は三日後だったのだが、俺がビビりな所為で手紙を忍ばせるのが遅れてしまった

100: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:32:58 ID:KoLBi7GIc
そーいや小6の時にラブレター書いてた奴がいた

101: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:34:10 ID:RV7A323JV
おれは小6の時に付き合ってた子に手紙でフラレたわ

102: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:35:23 ID:5kKCm2VTT

×月×日、土曜日

俺は休日だと言うのに学校に来ていた。無論のこと彼女がくるかどうかを確認するためだ

指定を土曜日にしたのは、彼女が手紙の内容と関係なく銀杏の木の下に行く予定があった場合のことを考えてだった

土曜日だったのなら、その心配もない

このことからも解るように、俺は非常に心配性なビビりである。なので、その日も銀杏の木の下に直接行くことはなく、学校の周辺から銀杏木を確認していた

万が一手紙が公になった場合、それを書いたのが俺だとばれないようにだ

適当な服に帽子、それにいつも掛けている眼鏡を外し、ちょっとした変装気分だった

結論から言えば、彼女は来なかった

103: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:36:59 ID:RV7A323JV
既に格好がストーカーですよ!!

104: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:37:01 ID:5kKCm2VTT

来ないと言うことは、俺の思いは届かなかったのだろう。よく考えればあんな怪文書でだれが来るものか。当時の俺はそうは思わなかったが、今の俺ならそう思う。馬鹿め

意気消沈しながら、家へ帰る俺

しかし、本当に意気消沈するはめになるのは二日後、月曜日のことだった

105: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:39:08 ID:aNK5W3IlR
見てるぞ
しえん

106: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:39:23 ID:HGVoInLaM
もうこれスレ立てられるレベル

107: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:39:24 ID:5kKCm2VTT


月曜日、思いが届かなかった俺は意気消沈したままで、登校するのが少し遅れていた

ぶっちゃけ半分くらい遅刻である。しかしそれが遅刻にならなかったのは、より大きな問題がクラス内で起こっていたからだ

そう、俺の書いたラブレターである

なんと言うことだろう。彼女は俺が書いたラブレターを気味悪がり、担任に報告したのだ

俺が来て、クラスのメンバーが全員そろうと臨時の学級会議が始まった

108: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:40:54 ID:RV7A323JV
THUREEEEEE

109: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:41:21 ID:5kKCm2VTT

「金曜日、○○さんの机に怪文書(本当に怪文書と言った。ショックだったからよく覚えている)が入っていました。机に入っていたことから、入れたのはこのクラスの人だと思われます」

クラス内でざわめきが広がる

彼女は浮かない顔をしていた。その時の俺は、「軽い気持ちで報告したのに先生が大事にして困ってるんだろうな」とか都合のいい解釈をした

我ながら気持ち悪い

110: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:43:35 ID:5kKCm2VTT

クラスの中心人物どもが「誰だよ!! 出て来いよ!!」とか叫ぶなか、無論俺は出ていくわけもなく息を殺していた

息を殺しながら、これまでにやってきた行為の中で、あのラブレターが俺の書いたものだと判断できる証拠はあるか探した

探した限りでは見つからなかったが、安心は出来ない。生きた心地がしなかった

担任は言う

「これは立派な脅迫ですよ。こんなことをする生徒がクラスにいたなんて、先生はショックです」

喧しい

111: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:44:24 ID:r7EAyju57
気が利かない担任だな

112: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:45:00 ID:HGVoInLaM
>>111は何を求めてるんだwwwwww

113: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:45:40 ID:5kKCm2VTT

喧しいと思うと同時に、なぜか途方もない悔しさが溢れてきて泣きそうになった

しかしここでそんな素振りを見せれば、誘導尋問に引っかかってしまう可能性がある。俺は絶えた

そんな中、クラスの女子が「そんなにひどい文なんですかぁ~」とか頭の悪そうな声をだした

担任は「それなら聞かせてやる」などと言って、音読を始めた

俺は死んだ

114: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:46:51 ID:ZsKOnD1Nm
それは死ねるなwwwwww

115: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:47:19 ID:HGVoInLaM
wwwwwwwwwwwwww

121: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:48:15 ID:5kKCm2VTT

音読が始まると、ありとあらゆるところで「きゃーwwwww 気持ち悪いwwwwwww」なんて声が上がり始めた

渾身の文章、傑作な一枚だと思っていた俺はまた泣きそうになった

しかし本当にきつかったのはここからで、前述した通り俺にはそれなりに友人がいて、その友人が「これマジでキモくねwwww」などと同意を求めてきたのに対し、「お、おう……き、きも、きもいな……」と反応しなくてはいけないことだった

126: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:49:15 ID:HGVoInLaM
銀杏男、ここに生まれる

128: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:51:03 ID:r7EAyju57
>>126
それ臭そうw

132: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:51:47 ID:5kKCm2VTT


音読が終わり、学級会は続く

しかし当然、俺は名乗り出るわけもなく、ひたすら身を縮こまらせて時間に耐えた。この時に今の俺のメンタルは鍛えれたと言ってもいい。絹ごし豆腐から木綿豆腐くらいにはなったと思う

そして一時間目を丸々潰して、学級会は終わった

終わった後、彼女は泣いていた。そこで、ようやく俺に罪悪感と言うものが生まれた

先生は言う

「実は先生は、筆跡でだれが書いたのかわかっている。反省しているなら、誰にも言わないから後で職員室にこい」

俺は行かなかった

136: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:52:46 ID:aNK5W3IlR
>>132
ひえええええ

146: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:55:41 ID:5kKCm2VTT

実のところ、彼女に出すラブレターと言うことで、俺は非常に丁寧に、それはもう書写で得た知識をフル稼働させて文字を書いたからだ

一文字入魂と言った有様で、普段のきたねー俺の字とはまるで違う文字だった

だから、担任が筆跡でわかる、などと言うのは嘘だと確信できていた……そして、事件は収束を迎える

時は過ぎ、夏休みが終わり、二学期に入ったころ。その頃には脅迫状ラブレター事件も大分すたれており、せいぜい「そういやさwwww あれどうなったんだろなwww」とか話題にされる程度だった

そして二学期の終わりごろ。俺はついに決意した――彼女に、告白すると

そして二学期の終わり、俺は彼女を銀杏木の下に呼び出して告白した

ずっと好きでした、と

その時の彼女の言葉は忘れられない

「ごめんね……名前、なんだっけ?」


fin

160: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:57:21 ID:5KoJo5YZn
>>146
ひええええwwwwwwwwかなC

147: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:56:01 ID:tC1Jd4sGR

ひええええええぇぇwwwww

148: 追突男 2014/10/06(月)01:56:11 ID:qCLggCEQv
ひえええええええええ

149: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:56:18 ID:dBRfP1Fzx
クソワロwwwwwwwwwwwww

150: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:56:18 ID:5kKCm2VTT
よし、終わった

味噌汁の報告読んでくる!!

168: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:58:28 ID:aNK5W3IlR
>>150
ジョーカーお疲れ!
おもしろかった!

152: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)01:56:26 ID:aNK5W3IlR
ひえええええええええ

引用元: 味噌汁男を待つスレ

PR

当サイトオススメ記事

他サイトオススメ記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

俺が小中学校でセクハラしてた話

【Part2】昨日食堂で女の子に味噌汁ぶっかけられたお詫びにLINEゲットしたwww

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://kaosunews.blog.fc2.com/tb.php/731-2feaed12

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。