1: ミッドナイトエクスプレス(中国)@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 23:19:37.81 ID:fmXxGPDY0●.net BE:238078581-2BP(2000)
売れない犬は生きたまま冷蔵庫に…ペット業界の裏にある恐ろしい現実

前略

 だが、こうした事件は氷山の一角に過ぎない。『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(太田匡彦/朝日新聞出版)には、犬をめぐる悲しい現実が生々しく描かれている。

 まず、全国に約60店舗を展開するという大手ペットショップでアルバイト経験がある男性の証言を紹介しよう。

 彼が見たペットショップの裏側は、悲惨なものだった。照明に照らされて透明のケースに入れられた子犬たちが売られている一方、バックヤードでは
〈皮膚病にかかっていたり、店員が誤って骨折させてしまったりして「商品」にならないと見なされた子犬〉が13匹、段ボールに入れられていた。そして、ある朝、
店長がベテランのアルバイト女性にその段ボールを「もう持っていって」と言った。男性がどこに持っていったのかをたずねると、ベテランのバイトはこう答えたという。

「保健所に持っていった。売れない犬を置いていても仕方がないし、その分、スペースを空けて新しい犬を入れた方がいい」

 2009年に兵庫県尼崎市で約300匹の犬を違法に飼育し、年間50匹もの売れ残った犬を市の保健所で殺処分していたことが発覚したが、同様のケースは数多い。
一般家庭から飼育放棄された犬だけでなく、ペットショップの犬もまた、保健所で殺されているのである。

 また、専門学校の研修で別の大手ペットショップチェーンで働いた男性の証言は、さらにショッキングだ。

 研修開始から3、4日後のこと。彼は店長が生後約6か月のビーグルの子犬を〈生きたままポリ袋に入れている〉のを目撃してしまう。店長は、この研修生にこう言ったという。

「このコはもう売れないから、そこの冷蔵庫に入れておいて。死んだら、明日のゴミと一緒に出すから」

後略
http://lite-ra.com/i/2014/11/post-644-entry.html

記事を読む
スポンサーサイト

1: 急所攻撃(dion軍)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 14:53:13.91 ID:h4uMmbYV0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
(CNN) KLMオランダ航空の動画を見てしまったら、次にオランダに行った時、機内にわざと忘れ物を
したくなるかもしれない――。アムステルダムのスキポール空港で、忘れ物の持ち主を見つけて
届けてくれるビーグル犬「シャーロック」が活躍している。

シャーロックの仕事は同空港の到着便で見つかった忘れ物を、持ち主の乗客に届けること。
乗員が機内で見つけたiPhoneなどの忘れ物を受け取ると、到着ロビーを走り回って、その鋭い嗅覚で
持ち主を探し出す。

「訓練では筋肉を鍛えて辛抱強さを教える。そしてもちろん社交能力も。乗客の反応は素晴らしい」
と訓練士は話す。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35054256.html
no title

記事を読む

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水)22:18:59 ID:dLvDwNbUF
第10位 飼いにくさ ★×4

ハムスター(ロボロフスキー)

こいつはまず物凄い人に慣れない
買った当初はまず二週間は餌、水を与えるだけにしよう

最悪、手をいれただけで噛み付いてくる時もある

おまけに脱走すると中々捕まらない

こいつを飼うならゴキブリホイホイは近づけないように

飼いやすいハムスターはゴールデン、キンクマ、ジャンガリアンだ

ちなみにキンクマは寿命も長い上にとっても大人しいのでオススメ


参考画像:ロボロフスキーハムスター
ロボロフスキー
記事を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。