1: ダイビングヘッドバット(catv?)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 13:08:19.46 ID:KznsfimD0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
<阪神大震災20年>10年ぶり 被災者手記集復刊

◇インターネットで公開も

 阪神大震災の被災者の手記集を発行してきた「阪神大震災を記録しつづける会」は10日、
11冊目となる新たな手記集を10年ぶりに完成させた。震災の1995年から、ほぼ毎年発行
してきたが、代表者の死去で2005年を最後に途絶えていた。震災20年を機に、めいが
遺志を継ぎ活動を再開。「被災者の心の移り変わりを知り、震災との向き合い方を考える
きっかけに」と話している。
 同会は震災直後、神戸市で出版業をしていた高森一徳さんが設立。各地の避難所にポスターを
張って、被災者から寄稿文を募集し、手記集にして年1冊のペースで発行してきた。
ところが一徳さんが04年に病死し、活動は中断。手記集は10冊に上り、遺族の苦しみや復興への
提案など計438編がまとめられた。
 めいで大阪大大学院生の高森順子さん(30)=兵庫県芦屋市=は関西学院大生の時、復興の
街づくりを学ぶ中、手記集を読み、執筆者らと交流。阪神大震災20年に合わせて11冊目の発行に
乗り出した。
 10日には神戸市内で完成記念会があり、執筆者ら13人が出席した。
 長女の希(のぞみ)ちゃん(当時5歳)を亡くした保育士の小西真希子さん(55)=神戸市灘区=は
05年発行の10冊目で「希が生きていたらと考えると、幼稚園を卒園する頃、小学校の入学式を迎える頃、
母の日、父の日、誕生日、と節目、節目が本当につらく、そんな時は家の中でじっと一日が過ぎるのを待ちました。
そんな事が何年も続きました」とつづっていた。
 昨年、新たな寄稿の提案を受け、10年ぶりに手記を書いた。毎年祝っていた希ちゃんの誕生日を、
20歳をきっかけにやめたことに触れ、「20歳になった娘はどんな女性になったでしょう。
友達もたくさんいるでしょう。ひょっとしたら彼氏もいるのかもしれません」と記した。小西さんは取材に
「20歳は一つの区切りになった。これからは自分のために生きて行こうと思う」と話した。

 11冊目は17日付で1000部発行し、希望者に無料配布する。
ホームページ(http://www.npo.co.jp/hanshin/)での公開も予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00000018-mai-soci

記事を読む
スポンサーサイト

1: トペ コンヒーロ(岐阜県)@\(^o^)/ 2014/12/17(水) 11:13:49.82 ID:Xn7nZmc20.net BE:631447722-2BP(1500)
しらうめ @shiraumeizumi 10:59 - 2014年12月17日

根室、いま、ニュースで見た高潮の被害。
no title

no title

no title

https://twitter.com/shiraumeizumi/status/545035619122958336


部屋干し大根 @koutyakaden88 9:36 - 2014年12月17日

根室あかん、、、
no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/koutyakaden88/status/545014596470177793


はるざる @haruha041359 9:22 - 2014年12月17日

すずから送られてきたけど根室やーば!!!!
no title

https://twitter.com/haruha041359/status/545011113432084480

記事を読む

1: ジャストフェイスロック(愛知県) 2014/02/03(月) 19:14:21.37 ID:VtD857Gv0 BE:3987547687-PLT(12030) ポイント特典
インドネシアの火山で噴火、死者14人

2014.02.02 Sun posted at 09:34 JST
噴火を受け、避難する人々
インドネシアで火山噴火

ジャカルタ(CNN) 火山活動が活発化しているインドネシア西部スマトラ島のシナブン山(標高2460メートル)で1日、
大規模な噴火があった。同国当局によると火砕流などで少なくとも14人が死亡、3人が負傷した。
国家災害対策当局の報道官がCNNに語ったところによると、死傷者は火口から3キロ以内の村の住民。地元チームが2日朝から捜索活動を開始する。
同山は約400年前から休火山状態だったが2010年に噴火し、昨年9月から活動が本格化していた
。英字紙ジャカルタ・ポストによると、火山活動に関連したぜんそくなどの病気でこれまでに31人が死亡したが、噴火による直接の死者が報告されたのは初めて。

火口付近からは先月、2万2000人の住民が仮設避難所へ移ったが、31日には半数以上が一時帰宅していたという。

閲覧注意
no title

no title

no title

no title

no title

no title

ttp://youtu.be/v2pODrIpllk


記事を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。